本文へスキップ

エアコンをスプレーで掃除 「かび臭い」

格安引越しNET

トップページ > 引越し侍のエアコンサポート > エアコンから「かび臭い」においがする

エアコンをスプレーで掃除しても「かび臭い」においが消えません! その場合の解決方法について・・・

エアコン クリーニング

暑い夏には熱中症予防のためにも、エアコンが頼りですね。しかし、エアコンを久々につけてみたら、酸っぱい臭いが吹き出してきた。

そんな経験をしたことはありませんか?

エアコンの「かび臭い」においの原因とは・・・

エアコンは、冷やす過程で熱交換器と呼ばれる部分に水滴が付着します。そこに空気の吸い込み口から吸い込んだチリやホコリなどが付着し、カビやダニを繁殖させてしまうのです。

しかし、少しのホコリぐらいでは、あのいやな酸っぱい臭いとはなりません。エアコンが新しい場合、フィルターを掃除すれば、まず臭いは出てきません。

それじゃ、あのいやな臭いの最大の原因はというと、エアコンの内部に付着したカビとタバコのヤニが原因です。でも、私の家では室内でタバコを吸っていませんが…。そんなときのエアコンの臭いは、明らかに内部に発生したカビが原因となります。

しかも、たちの悪いことに、エアコンは内部のカビの臭いを排出するだけではなく、カビそのものを噴き出して室内に充満させている、という点です。

とくに、エアコンから吐き出されるハウスダストやカビを含んだ空気は、抵抗力の弱い赤ちゃんにとってアレルギーなどを招く原因になるため、くれぐれも注意が必要です。

夏に恐ろしい夏型過敏性肺炎は、エアコンが原因?

呼吸器のアレルギー疾患を専門とする、国立病院機構相模原病院臨床研究センターの谷口正実センター長は、夏に恐ろしい夏型過敏性肺炎の原因は、室内のカビが原因だと解明しています。さらに、エアコンこそがアレルギー疾患にとって「非常に怖い」存在だと以下のように説明しています。

「エアコンのカビをきちんと除去するには、カビの生えた部分を直接こすったり、アルコールで拭いたりと、徹底的に掃除する必要があります。でも、素人にはエアコンの内部まで手が届きません。エアコン掃除用のスプレーで手入れしても、表面がきれいになるだけで、奥に生えたカビを除去するのは無理です。ぜんそくの人など、カビアレルギーが気になる場合は、専門業者にクリーニングを頼むなどの予防策が必要です」と。

ですので、単にエアコンのふたを開けてフィルターの掃除をしたとか、市販のエアコン専用のスプレーを噴射した程度では、エアコン内部のカビは除去できないのです。

カビが発生するエアコンの構造

エアコンの中にカビが生えるのは、なぜでしょうか?

  • その理由は、エアコンの構造と関係があります。
  • エアコンは外部の空気を取り込む構造になっていますよね。そのため、空気中に含まれるカビ菌やホコリを大量に取り込んでしまいます。
  • 更に、夏場にエアコンを使うと内部が冷やされて結露が発生しやすくなるでしょう。
  • 暑い時期が終わり、エアコンの中に水気が残った状態のまま放置しておくとエアコン内部でカビが元気に育ってしまうのです。
  • ・空気中に含まれるカビ菌
  • ・エアコン内に溜まった水分

これら2つがエアコン内部でカビが生える原因になるのです。「久々にエアコンを使ったらカビ臭くなった」という場合はこのような原因が考えられますよ。

エアコンの冷房や除湿運転中はエアコン内部に、冷却に伴う水分が発生し、その水分が室内から吸い込んだホコリと一緒になってカビの発生原因となります。

ですが、ホコリの発生しない部屋などはまずありませんし、エアコンの構造上、カビの発生は必然的です。だからこそ、エアコンは定期的な洗浄が必要となります。

エアコンをスプレーで掃除したのになぜ「かび臭い」においがする?

エアコン用スプレー

市販の洗浄スプレーでは噴射剤の届く範囲は限られています。

また、クリーニングした直後は芳香剤できれいな空気になった気分がしますが、芳香剤が揮発すると、元のいやな匂いのするエアコンに戻ってしまうのが実情です。

実は、さらに、エアコン洗浄スプレーには問題があります。

エアコン用の洗浄スプレーには洗剤が使用されています。しかし、この洗浄スプレーをエアコンに噴射した場合、洗剤を水分で除去せずに放置するため、使用後には、洗浄液の一部が汚れと一緒になって内部に残留します。そして、その汚れが室内機のフィンと熱交換器を詰まらせてしまうのです。

そうすると、エアコンの効きが悪くなったり、ますます臭いを放つようになり、さらに洗浄液の汚れを含んだホコリが排水ホースにつまるため、排水ホースが逆流するという事態にもなるのです。

それじゃあ、エアコンのクリーニングはどうすればよい?

エアコンの内部をきれいにするには、エアコンの分解掃除をするか、買い替えるしかありません。かといって、エアコンを頻繁に買い替えるのは、あまりに出費が大変です。

なお、エアコンの業者にクリーニングを依頼して、フィルターだけをジェット噴射等でクリーニングしても、内部のハウスダストやカビ等を除去することはできません。

ですので、エアコン内部のネジ等の小さな部品にまで付着しているハウスダストやカビを取り除くのに一番確実なことは、専門業者に依頼して、エアコンを取り外し、分解したうえで洗浄するしかありません。

分解クリーニングをおすすめするエアコンとは?

  • エアコンが吐き出す空気にかび臭い匂いが発生している場合、エアコンの内部にカビ菌が付着していることが原因です。
  • 結露が多い住まいのエアコンは、エアコンの内部にも結露が発生してカビが発生しやすい環境にあります。

このようなことに心当たりのある方はエアコンの分解クリーニングがおすすめです。

ところで、当サイトでおすすめしている引越し侍の「エアコンサポートセンター」では、エアコンを取り外して工場で分解するため、2週間ほどエアコンを預ける必要があります。しかし、夏の暑い盛りに、エアコンを取り外すことは、死活問題となります。

ですので、年間の計画として、エアコンの取り外しが可能な時期を決めておき、エアコンのクリーニングを依頼するが賢明な方法かと思います。

しかし、早急に洗浄が必要な場合は、とりあえずジェット噴射式の洗浄を業者にお願いし、エアコンを取り外し可能な時期になったら「エアコンサポートセンター」などで分解掃除をお願いするのがよいかと思います。

「エアコンサポートセンター」については、↓こちらのページにまとめました。

>> エアコンサポートセンターについて

ひっこし侍のエアコンクリーニング。15000円


【関連記事】

どのようにしたら、カビを予防できるのでしょうか?

エアコン内部には必ずカビが生えてしまいます。これは、無菌室以外の空気の存在するところなら、空気中に含まれたカビが原因でエアコン内部にはカビが生えてしまいます。

そんなわけで、カビの発生を防ぐ方法は、カビの成長を抑制する方法と言い換えるという表現が適切かもしれません。

そのようにカビの成長を抑制する方法としては、

  • 1)エアコン内部の湿った空気をできるだけ乾燥させる。
  • 2)エアコンを設定している室内の空気を清潔に保つ。

となります。これらのことを詳細に述べてみましょう。

1)エアコン内部の湿った空気をできるだけ乾燥させるには…

エアコン内部は、冷房運転や除湿運転の際に湿ります。ですので、このような運転後のは、送風運転・内部クリーン・内部乾燥・におい除去等のエアコン内部を乾かすための運転をしましょう。

2)エアコンを設定している室内の空気を清潔に保つには…

室内の空気が汚れているときはエアコンを運転しないようにしましょう。
ところで、どのようなときに室内の空気が汚れているのでしょうか?

  • 1)扇風機、掃除機などを使用しているときは室内の空気が循環するため、ホコリが空気中を浮遊します。そして、このときエアコンを運転すると、エアコンが室内の空気を吸ってエアコンの内部の湿気にホコリが付着し、そこからカビが発生します。
  • 2)例えば、料理中にホットプレートなどで焼肉をしていると、空気中に油分が浮遊します。このとき、エアコンを使用すると、空気中の油分を吸ってエアコン内部は油で汚れてしまいます。
  • 3)部屋が汚れているとき、髪の毛、細かい食べかす、長期に室内に堆積したホコリなどをエアコンが吸い込んで、その内部にホコリなどが付着し、カビが繁殖します。

エアコンは、冷房や除湿の際に内部に結露が発生しやすく、この湿気に上記の室内のホコリなどが付着しますが、エアコンの内部が乾燥していると、内部にホコリなどが付着しにくくなります。

このため、エアコンを使用した後、20~30分程度の送風運転をすることで、エアコンの内部を乾燥させることができます。


エアコンサポートセンター 引越し侍 エアコンサポートセンター

エアコンの取付け・取外し工事は「エアコンサポートセンター」で受け付け中!

引越し料金 シュミレーション

【引越し侍】

電話番号も不要でホテルを予約するような便利さで引越し予約可能↓↓↓引越し侍 引越し比較サイト


【スーモ引越し】

電話番号の入力が必須でなく任意!引越し予約がメールで完結↓↓↓SUUMO 引越し比較サイト


引越しの際の買取り
 スピード買取.jp

引越しの不用品を買取り スピード買取

引越しの際に不用品が出たとき、電話一本で自宅まで買取りに来てもらえる「スピード買取」

>>詳細はこちら